太陽の詩

良い音楽は異空間に連れてってくれますね~。
いつも見てる景色が違って見えたりします。
伝わってくる音を通して、作者もしくは演者の経験や感動感傷と自分の経験や感動感傷が交差します。
思い描くことは別々だったとしても、とても特別な瞬間になるもんにゃ~。



今日は暑かった!日本の夏ってこうだったねトホホ( ̄ー ̄ )

とあたしゃ思ってしまいましたが、
あっつい日中から出歩いて、日が暮れるあたりでとある曲を聞いたんです。

とってもいい気持ちになったので、
詩を書きました。
短いやつです。








太陽


地平から起き上がり 風をまとえば
ごくごく 小さな虫さえも
1匹残らず 熱で包み込もう


寝支度に 雲に埋もれれば
伸びて 伸びて 橙が
遙か世界を覆い尽くそう








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピアニスト石川さやか

Author:ピアニスト石川さやか
ピアノを弾いて歌います。

でもここではおそらく大好きな食べ物の話とかまあまあ好きな食べ物の話とか
時々ポエムとか
自己満感想文とかとか
をきままに書いていきます。
時々様子を伺ってもらえたらうれしいです。

ライブスケジュールなどは

http://ishicoopiano.tumblr.com

「石川タンブラー」にのせています。
こちらも時々のぞいてみてくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
コマンタレブウ⭐️
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR