スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近に次ぐ最近etc...,

梅雨ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
私は元々あんまり雨が好きではないので、お気に入りの傘や長靴を使うことでなんとか自分の気分をヨイショしています。
でも最近、少し変わって来ました。
カメラマンが雨だからこそ写真を撮りに出掛けるという話をしてくれたり、実際に喜び滲み出る雨の風景写真を見せてもらったりして。おかげで雨に対する好感度がぐんぐん上がっております。

でもでも(笑)
外飲みって気持ちが良いですよね。こればっかりは晴れていないとできない。
外飲みと同じくらい、いやそれ以上に最高なのは外で演奏することです。
屋根や壁の際限なく。
空を見上げながらピアノを弾いたり歌ったり、体を揺らしたりするのは本当に最高。
最近、知り合いの企画で川辺で演奏したり、
駅前の演奏でたまたま居合わせた人に聞いてもらったり。
そんな機会に恵まれたので、
すでに今年の己の野外運(笑)をかなり使ってしまったように思います(汗)

つい先日6月17日下北沢で行われたイベント「さよならマーケット、ありがとうマーケット」には馬浪マラカス団のサポートピアノとして参加させていただきました。
イベント名の通り、主旨は「お別れ」。
下北沢駅前マーケットが長い歴史に幕を降ろすということで、企画された催しです。
寂しいことなのですが、とてもとても良い、イベントでした。

場所はマーケットと隣り合った広場。
マーケットのクローズに際してお店を畳んだ方のお話に始まり、
マーケットに所縁のあるミュージシャンによるライブ、
マーケット内には歴史を綴る写真のギャラリー。
愛着のある人が集まって思い出話をしたり、今後どうしていくか話をしたり。ひとり静かに偲んでいる人がいたり。
見ず知らずの人が音楽に吸い寄せられてふらりと立ち寄ったり。
ステージも客席もマーケットも、人の入れ替わりがありながらも、
終始温かな空気の中にありました。
外ならではの無音じゃない空間。
でもみんなどこか神妙にステージから聞こえる歌詞に耳を傾けたり、写真展示からその歴史に触れてみたり。

とある"お別れ"の形。
私にはとても幸せな形のように思えました。
ギャラリーも広場も出入り自由で音楽と笑顔があって、
お別れに際して、形式は最小限で気持ちが最大限。
あの場にいられたこと、とても嬉しかったです。


場所も、人も、物も。
送られる側も、送る側も。
幸せの形はそれぞれ。いろいろ、ですね(^^)


今日は祖父母の法要でした。
父は法要の挨拶の中で、
「亡くなってからの方がよりその存在を感じるようになった。」
というようなことを言っていました。
お墓参りも、小さい頃はあんまり好きじゃなかったな~~(笑)
でも最近は、静かに落ち着いて、心の中のおじいちゃんおばあちゃんに語りかけられるありがたい場所と時間だと思います。

最近といえば、
親友の妊娠の知らせに喜んだり、
別の友人の出産したての新生児を抱っこさせてもらったり、
出産間近のダンサーのダンスライブを見たり、しました。
生命の始まりの力強さを目の当たりにしました。

それから、
先に書いた下北沢駅前マーケットのお別れがあったり、
ホスピスに親御さんを預ける知人の話を聞いたり、
知り合いのミュージシャンが亡くなったり、
知人ではないけれど、亡くなった方の生前の話を聞かせてもらったり、
しました。
生命に対する敬意。
世界の数少ない絶対的に確かなことのひとつだと思いました。

命の歴史が幕を降ろすこと。
誰かが何かを喪うこと。
これに接する時、
ついショックが先をついて、どうしたら良いかわからないまま遠まきにしてしまったり、、するけれど。
敬意を表するための言葉や行動を選んでいければ良いのかもしれません。

幸せ、大事、人によって違いますね。
しかも同じ人の中でも対象や気持ちは変わっていくみたいです。

最近のあなたの大事は何ですか?(^^)
私の大事は何だろう?
アンパンマンマーチの冒頭が頭をかすめます●'◯'●←見えますでしょうか(笑)


徒然まかせの長文になってしまいました( ˙-˙ )
つき合ってくれてありがとうございます♡
スポンサーサイト

夏季

空ひらけて
桜と夏季
ダム辺でうたた寝
夫婦カモかも



この句は
今年の2月に親友を自分の実家に連れて行ったときに作ったものです(o^^o)
父母と4人で河津桜の名所らしい佐久間ダムというところへ行きました。
桜を一望できる場所までゆっくりみんなで登り、お日様に照らされながら景色を楽しんでいると親友が提案したのです。
「じゃあお父さん(元国語教師)と石ちゃんで一句ずつどうぞ(ニヤ)。」
突拍子が得意なこの子にいっぱい食わされた親子(笑)
でも親と同じ景色を見てそれを詠み合うだなんて、なんと愉快であり難いことでしょうね~!

おかげでとってもお気に入りの句ができました。
好きすぎるので解説させてください(喜)
季語はもちろん桜!
そして一番のポイントはもちろん夏季!親友の名前です。なつき。
春の季語と親友の夏季の組み合わせがもう最高です(萌)
この時の自分の目と心に映ったものが一致したのです。。。
雲ひとつない快晴の空の下には
桜色が延々と。
眼下には穏やかなダムが悠々と。
その水辺ではつがいのカモが日向ぼっこ。
夫婦と
親友と
そんな風景を愛でる時間。

この句を詠ませてくれたなっちゃんは
旦那さんの転勤で韓国へ。
推定4年。。。。。
長い。。。
なっちゃんとはお互いそんなにマメに連絡とったりする性格じゃないけれど、ここぞという時に連絡すると、シンクロしていて(!)即座に会ってとにかく話す(笑)
1年間で数えるほどの会合だと思うけれど、私にとっては何にも代え難い時間。
しばらくは簡単になっちゃんに会えないので、さみしいです。どうにも。とっても。
慣れない環境に飛び込んでいるのだから、なっちゃんの方がさみしさや不安・ストレス、、、大変だろうけども、、、、、。
なっちゃんシック。
なっちゃんが韓国に行く前に最後に会った時はかける言葉もわからず
握手してみたりしたのだけど、
思い出すと泣いちゃうわん。
大変だろうけどどうか元気で過ごしてほしいのよ。
日本はもうじき梅雨に入って、
すると夏がやって来ますね。

祝還暦

先日めでたく母が還暦を迎えたので、
父母・兄夫婦・甥っ子姪っ子と実家に集合して
お祝いをしてきました◎
父母が
仲良く折り合いをつけてやっていたり(笑)
兄が
子供を上手にしかっていたり、
甥っ子姪っ子が
見事に成長していたり、ジジババを慕ってくれていたり、
お義姉さんにいたっては、この祝賀会の立案から遂行まで、、とにかく心を尽くしてお祝いしてくれたり、
家族が暖かい光に恵まれているということをひたすら感じる時間でした。
祝!還暦!!
さやおばちゃんは甥っ子のおかげでトランプタワーにハマりそうだわ(笑)
プロフィール

ピアニスト石川さやか

Author:ピアニスト石川さやか
ピアノを弾いて歌います。

でもここではおそらく大好きな食べ物の話とかまあまあ好きな食べ物の話とか
時々ポエムとか
自己満感想文とかとか
をきままに書いていきます。
時々様子を伺ってもらえたらうれしいです。

ライブスケジュールなどは

http://ishicoopiano.tumblr.com

「石川タンブラー」にのせています。
こちらも時々のぞいてみてくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
コマンタレブウ⭐️
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。